カールスバット洞窟国立公園 世界遺産


カールズバッド洞窟群国立公園 ニューメキシコ州

1930年5月14日 国立公園に登録。カールズバッド洞窟群は,
1995年12月6日世界遺産に登録。


公園の約3分の2は、環境に将来変更が加えられないように
自然保護区域に指定。 グアダルーペ山脈に位置。

二畳紀の化石礁のあるカールズバッド洞窟と83の洞窟がある。
レチュギア・ケイブは、全米最深489mで、長さは世界第5位の石灰岩の洞窟である。


カールズバッド洞窟の誕生は、2.5億年前に長さ600kmの内海が生まれ、
礁が出来た事に始まる.馬蹄形に広がった。


礁は、海綿、藻、貝殻の遺骸が大量に堆積し、海水中からも方解石が沈殿して、
厚い石灰岩の地層が出来た。海は最後には陸地に閉じこめられ、海水は蒸発。
海水の蒸発で岩塩と石膏の地層が出来、石灰岩層は埋没した。

カールズバッド洞窟は約100万匹のメキシコ・オヒキコウモリの聖域。
日中コウモリは、カールズバッド洞窟の入口、バットケイブの天井に群がっている。
夕暮れに、コウモリは巨大な群れで、洞窟を飛び立つ。
暗く、速く動く雲の様に、夜空に飛び立つ。


有史以前のアメリカ先住民は避難場所を求めて思い切って洞窟の中を探検した。
彼らが描いた洞窟壁画は入口付近に残っている。

19世紀、開拓民は洞窟を発見し、夕刻、天然の入口から無数のコウモリが飛び立つ光景に惹きつけられた。
アバイジャ・ロングという名の地元のビジネスマンが、洞窟の中のコウモリの鳥糞石の大きな堆積物を掘り出し、
肥料として売るという請求を申し立てた。

ロングの仲間の一人で、ジム・ホワイトという名のカウボーイは、
洞窟に魅せられる様に成り、探検に何時間も費やした。
ホワイトは自然の驚異を他人に見せたかったが、珍しい二次生成物に満ちた巨大な
地下のウィルダネスの話を信じる人は少なかった。



カールスバッド洞窟国立公園 #1
f0159994_23500048.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #2
f0159994_23500474.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #3
f0159994_23501030.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #4
f0159994_23501445.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #5
f0159994_23502001.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #6
f0159994_23502698.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #7
f0159994_23503183.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #8
f0159994_23503616.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #9
f0159994_23504033.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #10
f0159994_23504459.jpg

カールスバッド洞窟国立公園 #11
f0159994_23504723.jpg






[PR]
by javaho3 | 2014-04-20 08:01 | カールスバット世界遺産 | Trackback
トラックバックURL : http://photolv.exblog.jp/tb/13475821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< グレートギャラリー、キャニオン... バリンジャークレーター、アリゾ... >>