ホーガン、ナバホ族の住居


ナバホ族のホーガン

インディアンは、北アメリカ大陸で最初に住んだ
人々はアジア系のモンゴロイドである。

インディアンは氷河期、約3万年前から1万年前にかけて、
凍結したベーリング海を渡ってシベリアからアラスカを
経由して広大な南北アメリカ大陸各地に分散していった。


インディアンは母系社会で人口はわずかであった。
インディアンによる統一したアイデンティティは発生せず、
部族それぞれが独自の共同体を維持しアメリカ中に移動していた。


インディアンの中の最大の部族、ナバホ族の伝統的な住居
ホーガンは半球型のかまくらの様な形でその辺り2億年前の地層で出来た赤土を使用。
真上に煙突、朝一番の太陽の光を取り込む為東向きに入口がある。

室内に入ると
10畳位の広さで、内壁は直径2030cm

ジュニパーの丸太をキッチリ積み上げ釘は1本も使わず
半球の型をしている。ドアの左が男の寝る場所、右は女の寝る場所で
家の中は時計回りに回る決まりがある。明りはガソリンランプ


ナバホ族はかつてカナダの北西部に住んでいた。
当時はアパッチ族と同じ種族で狩猟民族だったが
北西部から南下する時期が異なり別々の種族になった。

ナバホ族は14世紀から現在の場所、アリゾナ州、
ニューメキシコ州に到達したと言われています。
17世紀になり、ナバホ族はスペイン人と出会い
ヒツジ、ヤギの飼い方を習い遊牧民に成った。


ホーガンという、木組みと土で出来たイグルーのような形の、
独特の伝統住居を持つ。「ホーガン」で暮らす伝統派のナバホは多い。
石炭の採掘業者が掘削に地下水を使う為、保留地は慢性的に水不足であり、
雨乞いの祈りが今も盛んである。

呪い師による「砂絵」を使った呪術が盛んである。
スー族と文化交流が盛んで、ティピーやサンダンスなど、
平原部族の文化を採り入れるようになった。


羊毛、石炭・ウラン採掘など。外部の石炭開発業者の開発で
水源が破壊されており係争中である。羊の放牧は年次ごとに
連邦管理官のチェックがあり羊が許可頭数を超えていた場合、
管理官によって強制的に処理させられる。


羊の放牧は女の仕事である 第二次大戦以来、ウランが連邦政府に
よって採掘されて残滓が放置された。知らずにホーガンの材料に
するなどして汚染が広がり、人的な放射能被害が深刻である。
核実験場からの死の灰の影響もあり、放射能被害者を総称して、
「風下の人々」と呼ばれる。


ナバホの正式名はディネ

南北アサバスカ語族の自称。カナダのインディアン部族、
「ヘアー・インディアンの事。アラスカからカナダにかけて
先住するインディアン部族のグループ名。

アメリカのインディアン部族のナバホ族、アパッチ族の事。

言語は「ディネ」のうち、ヘアー・インディアンの言語は、
北西カナダの言語グループの北部アサバスカ語である。
「ヘアー・インディアン」
Deneはカナダの北西部の
極北地帯から南西部にかけて先住するアサバスカ語族系の狩猟民。

カナダでは、インディアン民族はファースト・ネイションと呼ばれる
自治共同体を形成しており、ヘアー・インディアンもこの一つである。
「ディネ」は、「流れと大地」を意味。


ネイティブ・アメリカン
アメリカ合衆国の先住民族の総称である。アメリカ・インディアンは、
この呼称を公式に承認しておらず、彼ら自身は
1977年に
スイスの国連先住民会議に代表団を送り、満場一致で
「我々の民族名はインディアンである」と公式に議決表明している。


日本のマスコミ・メディアにで「インディアン」を
「ネイティブ・アメリカン」、「アメリカ先住民」
と言いかえる行為は、「インディアンの民族」を
無視する行いで、民族浄化に加担している恐れがある。

ネイティブ・アメリカンと言う呼び名は、

1960年代の公民権運動で、アメリカ内務省の
「インディアン管理局」が使い始めた用語で、
インディアン側から出てきた言葉ではない。

この言葉は、インディアンのみならず、アラスカ先住民の
イヌイットやハワイ先住民のポリネシア・ミクロネシア人など、
アメリカ合衆国領内の先住民すべてを指す意味があり、
固有の民族名ではない。「ネイティブ・アメリカン」
という呼称そのものには、アメリカで生まれ育った
世代の移民の子孫(コーカソイド・ネグロイド・アジア系民族
などを含む。Wikipedia参照




ホーガン、ナバホ族の住居 #1
f0159994_14390642.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #2
f0159994_14391278.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #3
f0159994_14391765.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #4
f0159994_14392447.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #5
f0159994_14393095.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #6
f0159994_14394257.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #7
f0159994_14401102.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #8
f0159994_14402126.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #9
f0159994_14403694.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #11
f0159994_14404699.jpg

ホーガン、ナバホ族の住居 #12
f0159994_14405366.jpg

米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
americadaishizen.com

[PR]
by javaho3 | 2015-05-20 07:15 | ホーガンナバホ族の住居 | Trackback
トラックバックURL : http://photolv.exblog.jp/tb/9943514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< モンテズ・キャスル国定公園 セ... フォー・コーナーズとコロラド・... >>