カテゴリ:ブライスキャニオン( 1 )

ブライスキャニオン国立公園 ユタ州


ブライス・キャニオン ユタ州

1924年に国定公園、1928年に国立公園に指定、プレリードックの生息地としても有名。大自然が造った奇岩と豊かな色彩が織りなす巨大な異次元空間。フードゥ(土柱)と呼ばれる岩は光によって刻々と表情を変え、グランドサークルの花と言われる。


ブライス・キャニオンはキャニオンと言うより、ポンソーガント高原の東側沿いの浸食によって出来た巨大な自然の円形劇場。フードゥ(土柱)と呼ばれる地質構造。土柱は、風、水、氷で川床と湖床の堆積岩の浸食により形成。岩の赤、橙、白の岩の色彩はまさに花。ブライス・キャニオンの標高、海抜 2,400 m 2,700 m。ブライス・キャニオンは1850年代にモルモン開拓者が移り住み、ブライスの名は1875年に入植したエベニーザー・ブライスから付けられた。


ブライス・キャニオンは空気が澄んでいる為7.3 等級の夜空を観る事が出来る、北米で最も暗い地域の1つで、肉眼で7,500の星々を観る事が出来る。殆どの場所では光害の為見える星は2,000に満たない。


インディアンの居住

プエブロ期のアナサジ文化とフリーモント文化の遺物も発見されている。パイユート・インディアンが谷や高原に移り住んで来たのは他の文化が滅びるのと同時期。インディアンは、食料の大半を狩猟採集し、農産物で補った。パイユート族の土柱に関する神話、土柱をペテン師 コヨーテによって石に変えられた伝説がある。年老いたパイユート族は、土柱を「アンカ・ク・ワス・ア・ウィッツ」と呼び。パイユート語で「赤く描かれた顔」の意味。


ブライス・キャニオンは北米のコロラド高原にあり、ポンソーガント断層の西のポンソーガント高原の南東端をまたぐ(ポンソーガントは、パイユート語で、ビーバーの家を意味)。断層とそれを越えて流れるパリア川の谷の方向へ高原の端を見渡す(パリアはパイユート語で、泥水又はシカの水)。カイパロウィッツ高原の端が、谷の反対側の境界。





ブライスキャニオン国立公園 #1
f0159994_16484175.jpg
 


ブライスキャニオン国立公園 #2
f0159994_16484699.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #3
f0159994_16485068.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #4 
f0159994_16485594.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #5 
f0159994_16490252.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #6 
f0159994_16490631.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #7
f0159994_16491342.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #8 
f0159994_16491685.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #9
f0159994_16490903.jpg


ブライスキャニオン国立公園 #10
f0159994_16492022.jpg
 

米国写真家KEN KANAZAWA
americadaishizen.com

[PR]
by javaho3 | 2014-05-27 11:18 | ブライスキャニオン | Trackback