カテゴリ:イエローストーン( 1 )

イエローストーン・世界遺産


イエローストーン・世界遺産
1872年、世界最初の国立公園、1978年、世界自然遺産に登録。アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州に位置。イエローストーンは世界最古の国立公園。アメリカ三大国立公園の一つ

グリズリーや狼、アメリカバイソン=バッファロー、ワピチが生息。地上に残された数少ない手付かずの巨大温帯生態系である。世界にある間欠泉の4分の1に当たる400余りの間欠泉があり、400種の野生の動物が生息している。

北アメリカ大陸最大の火山地帯。巨大カルデラの超巨大な噴火が約220万年前、約130万年前、約64万年前に起こり、小規模な噴火は約7万年前まで続いた。地下には非常に大量のマグマが溜まり、近い将来に又破局噴火を起こす可能性が高い。

1万2千年前に、地域内の大峡谷周辺の鉄分を含む黄色い石で、インディアン達が「黄色い石のある川」と言った。黄色い色は熱水によって変色した鉄分の色である。

黒曜石は、狩猟インディアン達が石鏃やナイフとして利用していたが、遠くミシシッピ川周辺でも発見されている。イエローストーンで生活していた部族と、東方の部族との交易を示す。

ショーショーニー族、バンノック族は、伝統文化としてのバッファロー狩りを19世紀末に合衆国政府から禁止されたが、1990年代に狩猟権を回復し、イエローストーン内でのバッファロー狩りを年に数度行っている。

20世紀前半に平原オオカミが白人牧場主よって絶滅し、生態系のバランスが崩れたが、インディアン部族の復活請願が実り、1995年カナダから31頭のオオカミをイエローストーンにはなし人間の手で再導入が行われ、現在50頭が確認されている。アメリカバイソンも19世紀ゴールドラッシュに沸いていた西部開拓時代食料やインディアンの食糧を断つ目的で31頭になり絶滅の危機にあったが現在は4000頭まで回復。

イエローストーンとバクテリア
好熱性バクテリアは100度の熱水で生きているバクテリアです。青色は、温度で色が変化する特殊なバクテリアです。バクテリアは温度によって茶色-赤-黄色-緑-青と色が変化し、ブルースター池は高温で青色である。

イエローストーンの温泉池の温度は90℃台である。バクテリアは池の底にマット状に層を作っている。水深で温度が違い、高温の底から青-緑-黄色-赤、低音の岸が茶色。バクテリアは高温でも生息出来る。イエローストーン最大の湧泉池の「グランドプラズミック温泉」の直径は213m。水底のバクテリア層で湖岸が黄色、溢れ出る温泉は茶色。




イエローストーン・世界遺産 #1
f0159994_16265528.jpg
 

イエローストーン・世界遺産 #2
f0159994_16264835.jpg

イエローストーン・世界遺産 #3
f0159994_16270775.jpg

イエローストーン・世界遺産#4
f0159994_16270228.jpg
 

イエローストーン・ 世界遺産#5
f0159994_16271618.jpg
 

イエローストーン国立公園 #6
f0159994_16272663.jpg
 

イエローストーン・ 世界遺産 #7
f0159994_16274829.jpg

イエローストーン・ 世界遺産 #8
f0159994_16280580.jpg

イエローストーン・ 世界遺産 #9
f0159994_16282388.jpg


米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
americadaishizen,com


[PR]
by javaho3 | 2014-01-15 06:12 | イエローストーン | Trackback