カテゴリ:デスバレーの動く石

  • デスバレーの動く石
    [ 2015-03-20 14:59 ]
  • デスバレー・動く石
    [ 2013-01-12 02:45 ]

デスバレーの動く石



デスバレーの動く石 カリフォルニア州/ネバダ州 レーストラック・プレアー、神様の落書き


カリフォルニア州とネバダ州のデスバレーの僻地のレーストラック・プレアーで、死の谷を人知れず大移動するさまよう岩があり、カリフォルニア州のデスバレー国立公園では、自然に100kg以上もある巨大な岩が枯れた湖の上を人知れず移動し、ずりずりと引きずられたかのような痕跡があります。


写真家一生に一度、写真に収めたい被写体がレーストラックと言われています。ライド・ストーン、ムービング・ストーンと呼ばれ、直線や曲線、ヘアピンカーブを描いたり、鋭角に曲がり、神様の落書きのような模様はまさに自然の神秘です。まだ岩が実際に動いているところを目撃した人はいません。神秘の現象はデスバレー国立公園内のパナミント山脈北部にあるレーストラック・プレアーの乾いた湖で見られます。


科学者は、この現象は複雑な気象条件が原因と考えています。「風」と「氷」の2つの説が最も有力で、夜に石の下の地面が氷結し静止摩擦係数が低くなった状態で、時速145km位の突風により石が動き始め、強風に押しされて地表の薄い泥の層の上を滑り続けるのではと考えていますが、解明されていないそうです。


レーストラック・プレアーはほぼ起伏がなく、石の多くはわずかに上り坂の方向へ動いているレーストラック・プレアーの北部は南端より数センチ標高が高い為。1年に320m以上も移動する事もあり、動いているところは誰も目撃したことがないので、どれほどのスピードで動くのかはまだ明らかにされていません。石は大きなものでは100kg以上に成り。ほとんどはレーストラック・プレアーの南端の高さ260mの丘陵から落石した苦灰岩ですが、近接した丘からの火成岩も混ざっています。


162個の石には観測者達によりそれぞれ「Stacy」「Pamela」など女性の名前が付けられています。

鋭角に曲がったり、初め平行に動いていた石が分離したり、滑っていた石が転がったり、動くときには実に複雑な動きをしている。レーストラック・プレアーの不思議な現象から宇宙人や超常現象を連想する人達もいます。レーストラック・プレアーがエリア51と近い位置にある事からも納得します。最近デスバレーの動く石が、謎が解明されたとニュースが舞いこんできましたが、でも・・神秘そのもので大地のパワーを感じる事が出来、デスバレーの動く石は、まさに神様の落書きなのだ!


デスバレー

1994108日国立公園に登録。全米の国立公園、最大広さ。総面積は13,158平方km長野県と同じ広さです。

複数の山脈を含み標高が高い所では海抜3mを超え、アメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-8.5mがあります。夏には気温が50度を超え、世界で観測史上2番目に高い気温、58度を記録しました。デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-8.5mがある。デスバレー国立公園内は砂漠環境に適した、哺乳類:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類346、植物1042が生息、クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、デスヴバレー・パプフィッシュが生息。


デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。

最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。


紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミト」や「コソ」の呼び名であった。移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。


ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。





動く石・デスバレー #1

動く石・デスバレー #2

動く石・デスバレー #3

動く石・デスバレー #4

動く石・デスバレー #5

動く石・デスバレー #6

動く石・デスバレー #7

動く石・デスバレー #8

動く石・デスバレー #9




米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWAルート66アメリカ大陸横断写真集
kenkanazawa.com

■  [PR]
by JAVAHO3 | 2015-03-20 14:59 | デスバレーの動く石 | Trackback | Comments(0)

デスバレー・動く石


デスバレー・動く石 神様の落書き

大地の神秘、動く石は世界で2か所、アフリカとココデスバレーの動く石が確認されれています。デスバレーの動く石は、カリフォルニア州とネバダ州の州境のデスバレーの秘境にある僻地のレーストラック・プレアーで、死の谷を人知れず大移動するさまよう岩が人目を避ける様にあります。自然に100kg以上もある巨大な岩が枯れた湖の上を人知れず移動し、ずりずりと引きずられたかのような痕跡があたかも荒野の砂漠に大蛇が自由自在に遊んでいる様にも観えます。


写真家一生に一度、写真に収めたい被写体がレーストラックと言われています。ライド・ストーン、ムービング・ストーンと呼ばれ、直線や曲線、ヘアピンカーブを描いたり、鋭角に曲がり、神様の落書きのような模様はまさに自然の神秘です!未だかって岩が実際に動いているところを目撃した人はいません。神秘の現象はデスバレー内のパナミント山脈北部にあるレーストラック・プレアーの乾いた湖で見られます。


科学者達の多くは、この現象は複雑な気象条件が重なることによって起きると考えています。「風」と「氷」の2つの要因によるものという説が最も有力で、夜間に石の下の地面が氷結し静止摩擦係数が低くなった状態で時速145kmほどの強い突風により石が動き始め、その後も持続する強風に後押しされて地表の薄い泥の層の上を滑り続ける、というものですが、まだ完全には解明されていないそうです。レーストラック・プレアーはほぼ起伏がないうえ、石の多くはわずかに上り坂の方向へ動いているレーストラック・プレアーの北部は南端より数センチ標高が高い為、重力説は除外出来る。


1年に320m以上も移動する事もあり、動いているところは誰も目撃したことがないので、どれほどのスピードで動くのかはまだ明らかにされていません。石は大きなものでは100kg以上に成り。ほとんどはレーストラック・プレアーの南端の高さ260mの丘陵から落石した苦灰岩ですが、近接した丘からの火成岩も混ざっています。162個の石には観測者達によりそれぞれ「Stacy」「Pamela」など女性の名前が付けられています。レーストラック・プレアーの不思議な現象から宇宙人や超常現象を連想する人達もいます。レーストラック・プレアーがエリア51と近い位置にある事からも納得します。


デスバレー国立公園

1994108日国立公園に登録。全米の国立公園、最大広さ。総面積は13158平方km長野県と同じ広さです。複数の山脈を含み標高が高い所では海抜3mを超え、アメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-8.5mがあります。夏には気温が50度を超え、世界で観測史上2番目に高い気温、58度を記録しました。デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-8.5mがある。デスバレー国立公園内は砂漠環境に適した、哺乳類:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類346、植物1042が生息、クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、デスヴバレー・パプフィッシュが生息。


デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。


最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミント」や「コソ」の呼び名であった。移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。


ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。





デスバレー・動く石 #1



デスバレー・動く石 #2



デスバレー・動く石 #3



デスバレー・動く石 #4



デスバレー・動く石 #5



デスバレー・動く石 #6


デスバレー・動く石 #7




デスバレー・動く石 #8

デスバレー・動く石 #9


デスバレー・動く石 #10            数年前ですがデスバレーの動く石の返りですが、電話も使えない夜中に車が・・・・



■  [PR]
by javaho3 | 2013-01-12 02:45 | デスバレーの動く石 | Trackback