カテゴリ:デスバレー動く石

  • デスバレー・レーストラック動く石 カリフォルニア州 
    [ 2013-06-15 14:59 ]
  • デスバレー・レーストラック動く石 カリフォルニア州
    [ 2013-01-12 02:45 ]

デスバレー・レーストラック動く石 カリフォルニア州 





デスバレー カリフォルニア州

1994年10月8日国立公園。全米の国立公園中、最大広さで総面積は13,158平方km長野県と同じ広さ。

デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低いバッドウォーター、-8.5mがある。

デスバレー国立公園内は砂漠環境に適した、哺乳類:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類346、植物1042が生息、クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、デスヴバレー・パプフィッシュが生息。

デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。

最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。

紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。

西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。

サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。

デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。

1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミント」や「コソ」の呼び名であった。

移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。

ゴールドラッシュ
有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。

1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。

トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。




動く石・デスバレー #1

動く石・デスバレー #2

動く石・デスバレー #3

動く石・デスバレー #4

動く石・デスバレー #5

動く石・デスバレー #6

動く石・デスバレー #7

動く石・デスバレー #8

動く石・デスバレー #9

動く石・デスバレー #10



米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWAルート66アメリカ大陸横断写真集
http://photolv2.exblog.jp/

■  [PR]
by JAVAHO3 | 2013-06-15 14:59 | デスバレー動く石 | Trackback | Comments(0)

デスバレー・レーストラック動く石 カリフォルニア州





デスバレー カリフォルニア州

1994年10月8日国立公園。全米の国立公園中、最大広さで総面積は13,158平方km長野県と同じ広さ。

デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低いバッドウォーター、-8.5mがある。

デスバレー国立公園内は砂漠環境に適した、哺乳類:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類346、植物1042が生息、クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、デスヴバレー・パプフィッシュが生息。

デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。

最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。

紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。

西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。

サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。

1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。

ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミント」や「コソ」の呼び名であった。移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。


ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。

1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。

トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。



デスバレー・レーストラック動く石 #1

デスバレー・レーストラック動く石 #5 ウエヘべとはティンビシャの言葉で老婆の乳房の意

デスバレー・レーストラック動く石 #6

デスバレー・レーストラック動く石 #7

デスバレー・レーストラック動く石 #8

デスバレー・レーストラック動く石 #9

デスバレー・レーストラック動く石 #10

デスバレー・レーストラック動く石 #11

デスバレー・レーストラック動く石 #12

デスバレー・レーストラック動く石 #13

デスバレー・レーストラック動く石 #14

デスバレー・レーストラック動く石 #15



米国ラスベガス写真家ken kanazawaルート66アメリカ大陸横断写真集
http://photolv2.exblog.jp/


■  [PR]
by javaho3 | 2013-01-12 02:45 | デスバレー動く石 | Trackback | Comments(0)