デスバレー

デスバレー

1994108日国立公園。全米の国立公園中、最大広さで総面積は13158平方km長野県と同じ広さ。

アメリカのカリフォルニア州中部、モハベ砂漠の北に位置する深く乾燥した盆地。そこは西半球で最も低く、そして最も暑い場所。谷の中心部の標高は、海抜-86m。真夏には50℃を越えることもあり、年間平均降水量はわずか50mm、まさに死の谷。

1913710日には観測史上最高の華氏134度(摂氏56.6度)を記録。1929年と1953年には 年間降水量ゼロ1年間全く雨が降らなかった記録もある。

1972715日には、ファーニス・クリークの地表温度は華氏201度(摂氏93.89度)を記録した。暑く不毛の地にも思えるデスバレーにも多くの野生動物や植物が生存している。山脈に住むコヨーテ、大角ヒツジ、ボブキャット、コウモリ、クーガーやラバ鹿など52種類の哺乳動物、307種の鳥類、36種類の昆虫、5種類の両生動物が生息している。

2月中旬から4月中旬ファーニス・クリークではポピー、ユリ、ヒナギクやサクラソウが花を咲かせ、4月から5月初旬は、標高の高いエリア600m900mのパナミッット・マウンテンに春に成る。カリフォルニア州とネバダ州州境にあるデスバレーは、アラスカを除くとアメリカで最大の国立公園。 長さは200Km、幅は25Kmとほぼ福島県同じ大きさ。標高も海面下の谷から3000mを超える山がそびえ立つ。


バッド・ウオ
西半球で最も低い場所で海抜-85.2m。元々塩水湖だった場所で、真っ白な大塩原には塩の結晶が美しく、塩の道は絵に成ります。

デビルス・ゴルフ・コース

塩の結晶と泥が混じり合い、固まり。岩を造り上げている。 人間にはゴルフなんかできないような荒地だが、悪魔ならプレイできるだろうと名が付いた。

スコッティ・キャスル

デスバレーの北の端に建つ、保険業界の大金持ちの別荘。 異様なほどゴージャスな館で、贅の限りを尽くした内装に驚かされる。名前の由来は、金鉱掘りのスコットが彼の投資家だった大金持ちの別荘をあたかも自分のものであるように吹聴した為、そう信じられる。

デスバレーの動く石

元々湖底が隆起し干上がった大地。 ところどころに唐突に石があり、動いた跡ついている。 場所によっては複数の石が同じ方向に動いて、気の長いレースをしている。泥に覆われた地面が濡れて滑りやすくなったところへ、強風が吹いて動いたとする説が有力だが、まったく逆方向に動いた石が並んでいることもあるし、なかには直径1m以上の大きな石もあり、ちょっとやそっとの風では動きそうにない。 実際に石が動く瞬間を目撃した人はいないが、最近謎が解明されたと・・ニュースが?

アーテスト・パレット

地球内部のパワーが噴出し、色彩豊かな鉱物が露出している。 黄色、赤、茶色、緑や紫の岩があり、アーティストが絵の具で塗った様な景色です。

ゼブラスキ・ポイント

デスバレーの背骨と言われている。黄金色の泥が1000万年前に湖底に沈殿して出来た地層で太陽の光を浴びると金色に輝く山が美しい。 ロック・グループU2のジョシュア・ツリーのアルバムのロケ地

ダンテス・ビュー

デスバレーを一望する標高1669mの展望台。眼下には-85.2mの白い塩の広がり、正面には3000mを超えるシェラネバダ山脈が西海岸との大きな壁と成っている。

デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来している。

最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。

紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。

西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。

1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミント」や「コソ」の呼び名であった。移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。

ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。

1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。

トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。





デスバレー #1
f0159994_14475054.jpg


デスバレー #2
f0159994_12214180.jpg
 

デスバレー #3
f0159994_12213756.jpg

デスバレー #4
f0159994_12214961.jpg

デスバレー #5
f0159994_12215462.jpg

デスバレー #6
f0159994_12220896.jpg

デスバレー #7
f0159994_12220194.jpg

デスバレー #8
f0159994_12221202.jpg

デスバレー #9
f0159994_14475475.jpg


デスバレー #10
f0159994_14480003.jpg


デスバレー #11
f0159994_14481483.jpg

デスバレー #12
f0159994_12292671.jpg

米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
americadaishizen.com

[PR]
# by JAVAHO3 | 2016-03-07 14:53 | デスバレー | Trackback

ブリッスルコーンパイン 世界最古の樹木


ブリッスルコーン・パイン 世界最古の樹木

日本語ではイガゴヨウマツ。世界最古の巨木は4800

「樹木の王様」地上に生存する最古の生命体で、
エジプトのピラミッドより昔から標高
3300m
長年にわたり過酷な環境に耐えきた。

冬は-30度、雪に埋もれる過酷な環境で時間をかけ成長し
水分を通さない樹脂を生み出し害虫、キノコの害に合わない
又酸素の少ない高地の為山火事にも合いにくい。
死んでいる様に見えるが樹齢を重ねるに連れ外側の樹皮は
枯れはて根本から限られた枝へつぎみされる。


ブリッスルコーン・パインは標高2000m3000mに生息している。
高地の強風の吹き荒れ、紫外線、極寒、乾燥とおよそ生物に適していない
土地で土壌も岩石質の斜面土壌と戦いながら、自然と適合しながら生存してきた。
強風や砂でねじれ、うねるような形態になっているが、ねじれるのは、
風上側の乾燥により細胞の角度にひずみが生じると言われている。


ブリッスルコーン・パインの年輪は他の樹木のような完全な輪ではなく、
苛酷な環境での少しの養分で、一部分だけで生きてその他の部分の活動を停止する為。
生長速度も遅く、幹周りは
100年で2.5cm程度しか大きくならない。

ブリスルコーンパインの寿命は約5500年。
日本では縄文杉が有名で樹齢
7000年と言われているが、
これは巨樹特有の推定樹齢である。


プリスルコーンパインはこの木の研究に一生を捧げた
シュールマン博士により科学的に樹齢を検証され
た。

樹の中心部から木片を取り出し放射性炭素測定法によって測定したり、
特殊な金具で年輪に直角に木片を取り出し、年輪を数えたりすると正確な樹齢が出る。

縄文杉は木が重なっており、樹齢としても2200年から最高でも4000年程度であるが、
シュールマン博士により「メスーゼラ」と名付けられた、

ブリスルコーンパイン4700年であった。科学的に測定された樹として、
現存する世界の最高樹齢の木はブリスルコーンパインである。

「メスーゼラ」はカリフォルニア州東部のインヨー国有林、
ホワイトマウンテン標高
4342mに今なお存在している。


メトセラ

旧約聖書の『創世記』521節から27節に登場する、伝説的な人物。
創世記には、エノクの息子で、ノアの方舟で知られるノアの祖父にあたる。
メトシェラは
969歳で死んだと書かれている(創世記5:27)聖書で
最も長寿であった人物である。

メトシェラはエノクが65歳のときに生まれた(創世記5:21187歳の時
ノアをもうけ(ノアの父はメトシェラの子のレメク)、ほかに男子と女子をもうけた。

その齢は969歳であったと聖書に書かれている。
4000歳以上のブリッスルコーン・パインが17本残っている。
標高3000m以上に広がる森は通常の森とまったく異なり、
別世界のようで、シエラ・ネバダ山脈の眺めも楽しめる国立公園だ。
「メトセラ」の名前がついている。


最長寿の木は多数の観光旅行者からの保護の為、
他の地区の巨樹のような看板もなく、
一般には公表されていない。


ユタ州とネバダ州の境にあるグレート・ベイジン国立公園にも
ブリッスルコーン・パインがある。
ウィーラーピーク標高3981m山には、世界最高齢の
ブリッスルコーン・パインが何本も発見され、
それらは「プロメテウス」「ソクラテス」
「仏陀」
などの名前が付けられた」という

5100年の最高樹齢を記録した。ブリッスルコーン・パインも
この山の北東斜面にあったと言われている。


1964年に古木プロメテウス、ギリシャ神話の神の名の樹木を
地質学者が切り落とす悲劇があった。

メトセラは旧約聖書から世界最長寿の人物から名づけられた。
5000年以上と言われているが保護の為秘密にされている。




ブリッスルコーンパイン #1 世界最古の樹木
f0159994_00222434.jpg


ブリッスルコーンパイン #2 世界最古の樹木
f0159994_00223605.jpg


ブリッスルコーンパイン #3 世界最古の樹木
f0159994_00224642.jpg


ブリッスルコーンパイン #4 世界最古の樹木
f0159994_00224095.jpg


ブリッスルコーンパイン #5 世界最古の樹木
f0159994_00230540.jpg


ブリッスルコーンパイン #6 世界最古の樹木
f0159994_00225653.jpg


ブリッスルコーンパイン #7 世界最古の樹木
f0159994_00231627.jpg


ブリッスルコーンパイン #8 世界最古の樹木
f0159994_00231273.jpg


ブリッスルコーンパイン #9 世界最古の樹木
f0159994_00232281.jpg


ブリッスルコーンパイン #10 世界最古の樹木
f0159994_00231964.jpg



[PR]
# by javaho3 | 2016-03-07 07:37 | 世界最古の樹木 | Trackback

ハンツ・メサ モニュメントバレー


ハンツ・メサ(HUNTS MESA )モニュメントバレー アリゾナ州

モニュメントバレーには、知る人ぞ知る写真家憧れの秘境の地、

ハンツ・メサがあります。

近くの町のカエンタから4輪駆動で約2時間半から3時間、前半は、
砂漠を走り、後半は岩を登る感じですね。まず一般の観光客は来れない所です。


ハンツ・メサの名前の由来は、山師の白人ハンツからで、
彼はウランを発掘しにモニュメントバレーに来た人物から名付けられました。

南ユタ州とアリゾナ州の境界線とナバホ郡とアパッチ郡
インディアン居留地区の境界線に位置し、モニュメントバレーの南東側の
リトルキャピタン・バレーの北側の岩山で標高は
6365mあります。


ハンツ・メサへのアクセスは、公園の一般的な入り口を通ってではなく、
むしろ北東部の町の砂丘を通り、カイエンタ、アリゾナ州側に入口がありますが、
まず看板の無いので分からないです


人も殆どいません・・・メサ(スペイン語でテーブルの意)の上から
モニュメントバレーの大地が、パノラマで観る事が出来、
昼は地球を感じ、夜は宇宙を感じる事が出来ます。


写真家が一度は行ってみたいアメリカでもトップレベルの写真スポットです。
モニュメントバレー2代憧れの場所がハンツ・メサともう一つは、ミステリーバレーです。
ハンツ・メサは個人では行く事が出来ずナバホ族のガイドが必要に成ります。
お勧めは、ハンツ・メサでのオーバー・ナイトで夕方から夜にかけ地球のグラディエション、
まさに地球を神秘!又夜は、満点の星空で宇宙体験出来ます。


19841016日に、米国空軍のB-52の爆撃機がハンツ・メサに墜落し、
7人の乗組員の内2人が死亡した。





ハンツ・メサ モニュメントバレー #1
f0159994_1354479.jpg

ハンツ・メサ モニュメントバレー #2
f0159994_13541352.jpg

ハンツ・メサ モニュメントバレー #3
f0159994_13542172.jpg

ハンツ・メサ モニュメントバレー #4
f0159994_13543320.jpg

[PR]
# by javaho3 | 2016-03-03 13:55 | ハンツ・メサ | Trackback

セドナ アリゾナ州


セドナ とは ?

世界三大パワースポットはスペインとフランスンの国境にあるフランスのルルドの泉、ハワイ島のマウラナニ、アリゾナ州のセドナと言われている。

セドナは「小惑星」の意、又は「イヌイット」の神話に登場する「海の女神」の意。、芸術の町、癒しの大地として世界的に有名。UFOの聖地、キリスト教会通りがあり教会が沢山ある。約人口12000人。

セドナは古くからインディアンの神聖地で、近くにはアパッチ族、ヤパバイ族のインディアン居留地区があり、インディアンの遺跡も数多くある。

1876年に白人が初めて入植。都市名は町の初代郵便局長セオドア・カールトン・シュネブリーの妻セドナに由来。

1980年代にセドナ在住の女性ペイジ・ブライアントがボルテックスの神秘的なパワーを紹介し、人々に癒しを与える場所として注目され、世界中から富裕層、芸術家達、スピリチュアルな人々がセドナのパワーに引かれ移住した。

パワースポットの3条件
1、土地に豊富なミネラル分が含まれている。2億年の地層で元々は海の底。
2、土地の断層がある注目すべき点は地下の断層が大きくずれている事で、地球の奥深くからの何らかのエネルギーが出ている。
3、火山活動がある或いはあった。近くに聖なる山サンフランシスコピークスがある。


ラテン語でボルテクス「渦巻き」を意味する、大地から強いエネルギーが渦巻きのように放出されている場所で地球のツボと言われている。

セドナにはボルテックスが20か所以上もあり、精神世界に興味を持つ人達から注目されている。不思議な力がその土地から生み出されるパワースポット、癒しの地として、単なる観光地、高級リゾートとは違い特別な場所である。

4大ボルテックス
キャセドラルロック・ベルロック・エアポートメサ・ボイントンキャニオンでエネルギーには特徴がある。


女性性と男性性に分けられ、女性性は、磁気のエネルギーが強く、エネルギーは大地へと向かう下向きの流れで、自分の内へと入り、疲れた体や、傷ついたハートを癒します。母の愛に抱かれる感じです。

男性性は、電気のエネルギーが強く、エネルギーは大地から空へと向かっていく上方向の流れで、自分の宇宙の大いなる知恵とつながり、自分のビジョンを具体的に促します。前に進んでいく原動力を与えてくれる。父から背中を押される感じです。

男性性と女性性がミックスされた場所もある。

キャセドラルロック
男性性と女性性がミックスしたエネルギーで、女性の方がより強く出ている。女性の様の手の岩を真ん中に配置し、バランスの良い、絵になる岩です。キャセドラルロックの頂上での瞑想は、マインド、ボディー、スピリットバランスを整えてくれる。レッドロック・クロッシングは女性性のエネルギーで、キャセドラルロックのエネルギーと、側を流れるクリークが癒しと浄化をもたらす。

ベルロック
強い男性性のボルテックスで、ベルの形をしているので、名付けられた。自分の感情に素直に向かい合う事で、自分の中の勇気や、自信、創造性へと繋がっていきます。

エアーポートメサ
男性性のボルテックスです。4つのボルテックスの中で、唯一、360度の視野でセドナを見渡せる場所。日の出と日没は、周りの赤い岩々が陽を受けてオレンジ色に輝き、雄大で神秘的です。頂上に松の木が生えています。この松の木の下で大地を感じてください。

ボイントキャニオン
女性性が強い、男性性と女性性のミックスしたエネルギーです。岩壁にそって、インディアンの遺跡が残されています。ボルテックスのカチーナウーマンの岩と、約9mの高さの小山がある。妖精の小道と言われている道沿いには小川が流れていて、歩いているだけで浄化と癒しがもたらされます。トレイルの終着点では、まさに、母なる大地に抱かれているような、ふかい安らぎが感じられます。

セドナのマクドナルドは景観保護のため外観は赤茶色のレンガ調で、「M」が通常の黄色ではなくターコイズブルーという珍しいデザイン。

アメリカの作曲家スティーヴン・ライニキーは、セドナの風景にインスパイアされ『セドナ序曲』を作曲。エアロスミスが2006年にリリースしたベスト・アルバム『Devil's Got a New Disguise - The Very Best of Aerosmith』に、曲"Sedona Sunrise"が収録。

メジャーリーグのアリゾナ・ダイヤモンドバックスが2007年からユニフォームなどに使用しているチームカラーの赤い色は、セドナの赤い岩をイメージしたSedona Redのカラーである。






セドナ #0
f0159994_22264899.jpg

セドナ #1
f0159994_13211663.jpg

セドナ #2
f0159994_1321874.jpg

セドナ #3
f0159994_1321181.jpg

セドナ #4
f0159994_13205371.jpg

セドナ #5
f0159994_13204436.jpg

セドナ #6
f0159994_13203557.jpg

セドナ #7
f0159994_13201642.jpg

セドナ #8
f0159994_1320834.jpg

セドナ #9
f0159994_13195917.jpg

セドナ #10

f0159994_22263950.jpg

セドナ #11
f0159994_22264241.jpg

セドナ #12
f0159994_22262969.jpg

セドナ #14
f0159994_22265215.jpg

セドナ #15
f0159994_22265545.jpg


[PR]
# by javaho3 | 2016-02-20 13:23 | セドナ | Trackback | Comments(0)

アンテロープキャニオン アリゾナ州


アンテロープ・キャニオン アリゾナ州

ページの町、ナバホ族の土地に位置する渓谷。アメリカ南西部では、
最も写真撮影され多くの人々が訪れるスロット・キャニオン。

アンテロープ・キャニオンは2つの岩層から成り、
アッパー・アンテロープ・キャニオンと
ロウワー・アンテロープ・キャニオンがある。
アンテロープ・キャニオンは、ナバホ砂岩の侵食により
できた何百年の地層であり、鉄砲水、風成の侵食によるものである。


モンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの谷間を流れ、
狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。
長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は更に広くなり岩の鋭さは
より滑らかにされて、岩の「流れる」特徴を形作る。
独特の岩の通路が、長い時間をかけ完成した。
アンテロープ・キャニオンは写真家や観光客には人気の場所である。


アッパー・アンテロープ・キャニオン

ナバホの言葉で「水が岩を流れる場所」の意味、
ツェー・ビガニリニとも呼ばれる
アッパー・アンテロープ・キャニオンは、
観光客が最も頻繁に訪れる場所であるが、
2つの理由がある。
入り口と全長が地表と同じ位置にあり、岩などを登る必要性が無いためだ。

キャニオン頭頂から直接放射する太陽の光線が、
ロウワー・アンテロープ・キャニオンよりも
アッパー・アンテロープ・キャニオンによく起こるためである。
特に夏期間は、太陽が空高く昇った時ビーム=光線が見られる。


ロウワー・アンテロープ・キャニオン

ナバホの言葉で「螺旋の岩石アーチ」という意味である、
ハスデトワジの別名もあるロウワー・アンテロープ・キャニオンは、
鉄製の階段が取り付けられる以前は、キャニオンを
訪れるためにハシゴで登らなくてはならなかった。

階段が設置されている現在も、長く狭い場所も多い上、
全体を通して足場が悪いなどアッパー・アンテロープ・キャニオンと
比べて散策が困難である。こうした制限された状態にあるものの、
ロウアー・アンテロープ・キャニオンは写真家を惹きつけている。


鉄砲水の危険性

モンスーンの時期に降る雨が、キャニオンの「上流」の数十キロ
離れた場所で降る雨が、予告無しにキャニオンへ鉄砲水が注ぎ込んでくる。

1997812日、ロウワー・アンテロープ・キャニオンを
訪れていた
11人の観光客が鉄砲水の犠牲となる事故が発生した。
その日キャニオンにはほとんど雨は降っていなかった

ナバホ族
30万人、9割が居留地内で生活している。
モニュメントバレーには約
300人が暮らしている。

現在全米に563種族の先住民族(インディアン)が居住している。
人口は約
280万人。その内の1/3がカリフォルニア州、アリゾナ州、
オクラホマ州に各種族が各居留地内で独自の政権、
自治を持ち生活している。

その中でも一番人口が多く広大な
居留地を維持しているのが、モニュメントバレーや
アンテロープキャニオンを管理、維持しているナバホ族。




アンテロープキャニオン #1
f0159994_16335360.jpg

アンテロープキャニオン #2
f0159994_16334650.jpg

アンテロープキャニオン #3
f0159994_16340001.jpg

アンテロープキャニオン #4
f0159994_16340338.jpg

アンテロープキャニオン #5
f0159994_16340631.jpg

アンテロープキャニオン #6
f0159994_16335677.jpg

アンテロープキャニオン #7
f0159994_16334388.jpg

アンテロープキャニオン #8
f0159994_16341072.jpg

アンテロープキャニオン #9
f0159994_16335055.jpg

アンテロープキャニオン #10
f0159994_16341433.jpg


米国写真家KEN KANAZAWA
americadaishizen.com
[PR]
# by javaho3 | 2016-02-19 01:02 | アンテロープキャニオン | Trackback