タグ:スカイ・ワォーク ( 1 ) タグの人気記事

グランドキャニオン・ウエスト


グランドキャニオン・ウエスト
スカイウォーク アリゾナ州

アリゾナ州のグランドキャニオン・ウエストに設置されたアトラクションで、
U字形の透明な展望橋である。床は厚さ10.2cmの強化ガラスで出来ている。
空中散歩の気分が味わえる。

橋の先端から崖まで約21m、谷底までは約1200m
2007328日開設。料金は一人$29.95で、最大120人が歩行可能。
耐震は万全で、風速
45mの強風やマグニチュード8.0の地震にも耐えられる。
総工費は約
30億円。


施設が開発された背景には、現地先住民経済難がある。
先住民ワラパイ族は
50パーセントに達する高い失業率や貧困に直面しており、
グランドキャニオン奥地は交通の便が悪く、貴重な収入源の観光産業でも収益が伸び悩んでいた。

スカイウォークの名所化にし、観光客の誘致に成るのではと期待されている。
グランドキャニオンはワラパイ族の聖地とされている為、長老などを中心に批判的な意見もある。


インディアン

白人がヨーロッパからアメリカ大陸へ渡って来るよりも前から
アメリカ大陸に住んでいた先住民族。

アメリカ建国の歴史の中で白人から土地、住居、物資、権利、時には
生命までを奪い取られてきた悲しい過去を持っている。

インディアンに対して米国政府は、アメリカ市民に対する
法律を超越した特別扱いとして、昔から続く彼ら独自の
生活習慣やルールを認めており、治外法権的なことが許される
区域を指定したのがインディアン居住区。


グランドキャニオン・ウエストに位置しスカイウォークが
居住区内にある、その面積は約
4100平方km

政府が認定している先住インディアンの部族数は 562あり、
彼らの大多数は、米国内に
314ヶ所点在するインディアン居住区内で生活し、
自治権が与えられ独立国です。


ワラパイ族
グランドキャニオン・ウエストから約
88kmも離れた
ピーチスプリングスに住んでいる。
片道約99km
道のりは未舗装の道で、悪路の為、しばしば車が故障を起こし、
数時間夜道を歩くことも珍しくない。

言語はハバスの滝の住むスーパィ族と同じ言葉を使いますが、
興味深いのは元々ありがとう概念がない。

米国政府が認定している先住インディアンの部族数は
500 以上あり、彼らの大多数は、米国内に 300ヶ所以上点在する
インディアン居住区内で生活している。


州と同格の自治権が与えられている、州ではなく国だと言う部族も多い。
モニュメントバレー周辺に住む全米最大勢力のナバホ族
人口約30万人は、
人口的にも面積的にも広大な勢力を持つ部族は
「国家」 を形成しており
(自治政府と議会を持つ)、自らの領土を ネイション=国家と呼んでいる。


グランドキャニオン・ウエスト地区一帯を統治する
ワラパイ国家の
「国境線」 的な場所に立つ標識で
(この標識は実際には国境線からかなり領土内に入った場所にある)、

ここにもやはりネイションと書かれていることがわかる。
もちろんネイションには通常の
「国家」 という意味以外にも、
ただ単に文化を共有する集団の領土的な意味もあるため、
どの部族もネイションを用いる。アメリカ合衆国の一般の州とは
一線を画した特別な区域である。


ワラパイ族は国家としてそれなりの治安部隊を有しているのか。
現場の責任者に聞いたところ、規模が小さい為
人口約2500人、
小さな事故やトラブルは自前の治安部隊で対応しているが、
それ以外はアリゾナ州のモハビ郡の警察と提携し治安を維持している。
また、殺人事件のような大きな事件に関しては、
アメリカ合衆国の連邦警察
FBI が関与することに成っている。


インディアンは日本人と共通の DNA を持っている事が明らかに成りつつある。
彼らは、かつて陸続きだったベーリング海をアジアから渡りアラスカ経由で
現在のアメリカ大陸に住み着いた。たしかに背が低く、それほど長くない
手足とずんぐりむっくりした体系、さらに鼻が低く丸みを帯びた顔つきなどは、
どことなく日本人に似ていなくもない。肌の色がやや濃いのと、
太りすぎという部分を除けば、日本人に限りなく近い。




グランドキャニオン・ウエスト #1 スカイウォーク
f0159994_07250147.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #2 スカイウォーク 友人のウリ・フォード
f0159994_07245707.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #3 スカイウォーク 
f0159994_07251008.jpg

グランドキャニオ・ンウエスト #4 スカイウォーク
f0159994_07250569.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #5 スカイウオーク
f0159994_07251448.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #6 スカイウオーク
f0159994_07251860.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #7 スカイウオーク
f0159994_07252695.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #8 スカイウォーク
f0159994_07252372.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #9 スカイウォーク
f0159994_07253055.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #10 スカイウォーク  コロラド川がレイクミードのコネクション珍しい写真です
f0159994_07253407.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #11 スカイウォーク グランドキャニオンを造ったコロラド川
f0159994_07253864.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #12 スカイウォーク 友人のブロークン・スカイ
f0159994_07254208.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #13 スカイウォーク
f0159994_07254690.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #14 スカイウォーク コロラド・プラトー
f0159994_07255242.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #15 スカイウォーク
f0159994_07255655.jpg

グランドキャニオン・ウエスト #16 スカイウォーク サンダ―バードー
f0159994_07260148.jpg

米国ラスベガス写真家ken kanazawa
http://photolv2.exblog.jp/



[PR]
by javaho3 | 2010-06-14 06:27 | グランドキャニオン西 | Trackback