タグ:デスバレーの動く石 ( 3 ) タグの人気記事

デスバレーの動く石



デスバレーの動く石 カリフォルニア州/ネバダ州
レーストラック・プレアー、神様の落書き


カリフォルニア州とネバダ州のデスバレーの僻地のレーストラック・プレアーで、
死の谷を人知れず大移動するさまよう岩があり、カリフォルニア州のデスバレー国立公園では、
自然に
100kg以上もある巨大な岩が枯れた湖の上を人知れず移動し、
ずりずりと引きずられたかのような痕跡があります。


写真家一生に一度、写真に収めたい被写体がレーストラックと言われています
ライド・ストーン、ムービング・ストーンと呼ばれ、直線や曲線、
ヘアピンカーブを描いたり、鋭角に曲がり、
神様の落書きのような模様はまさに自然の神秘です。

まだ岩が実際に動いているところを目撃した人はいません。
神秘の現象はデスバレー国立公園内のパナミント山脈北部にある
レーストラック・プレアーの乾いた湖で見られます。


科学者は、この現象は複雑な気象条件が原因と考えています。
「風」と「氷」の
2つの説が最も有力で、夜に石の下の地面が氷結し
静止摩擦係数が低くなった状態で、時速
145km位の突風により石が動き始め、
強風に押しされて地表の薄い泥の層の上を滑り続けるのではと考えています。


レーストラック・プレアーはほぼ起伏がなく、石の多くはわずかに上り坂の方向へ動いている
レーストラック・プレアーの北部は南端より数センチ標高が高い為。
1年に320m以上も移動する事もあり、動いているところは誰も目撃した事がないので、
どれほどのスピードで動くのかはまだ明らかにされていません。

石は大きなものでは100kg以上に成り。
ほとんどはレーストラック・プレアーの南端の高さ
260mの丘陵から
落石した苦灰岩ですが、近接した丘からの火成岩も混ざっています。


162個の石には観測者達によりそれぞれ「Stacy」「Pamela
など女性の名前が付けられています。

鋭角に曲がったり、初め平行に動いていた石が分離したり、滑っていた石が転がったり、
動くときには実に複雑な動きをしている。
レーストラック・プレアーの
不思議な現象から宇宙人や超常現象を連想する人達もいます。
レーストラック・プレアーがエリア
51と近い位置にある事からも納得します。

最近デスバレーの動く石が、謎が解明されたとニュースが舞いこんできましたが、
でも・・神秘そのもので大地のパワーを感じる事が出来、
デスバレーの動く石は、まさに神様の落書きなのだ!


デスバレー

1994108日国立公園に登録。全米の国立公園、最大広さ。
総面積は
13,158平方km長野県と同じ広さです。

複数の山脈を含み標高が高い所では海抜3mを超え、
アメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、
西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-
8.5mがあります。
夏には気温が50度を超え、世界で観測史上2番目に高い気温、58度を記録しました。

デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、
西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-
8.5mがある。
デスバレー国立公園内は砂漠環境に適した、
哺乳類
:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類346、植物1042が生息、
クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、

デスバレー・パプフィッシュが生息。


デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、
カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが
近道をしようとこの谷に迷い込み、
数週間さまよった末にメンバーの数人が
酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。


最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。
マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。


紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。
西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。
サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。
デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、
奇妙な形に配された石が残されている。

1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、
「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミト」や「コソ」の呼び名であった。
移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。


ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した
蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収
しやすく、利益率の高い鉱石。

1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスが
デスバレーでホウ砂の商業活動を開始。
1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマン
がこの地域に工場を建設し、
1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。
トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。
工場と鉄道とを
30日かけて往復。
1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。





動く石・デスバレー #1
f0159994_2224660.jpg

動く石・デスバレー #2
f0159994_2225515.jpg

動く石・デスバレー #3
f0159994_223356.jpg

動く石・デスバレー #4
f0159994_2231972.jpg

動く石・デスバレー #5
f0159994_2232992.jpg

動く石・デスバレー #6
f0159994_223448.jpg

動く石・デスバレー #7
f0159994_2235786.jpg

動く石・デスバレー #8
f0159994_224544.jpg

動く石・デスバレー #9
f0159994_2241487.jpg




米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWAルート66アメリカ大陸横断写真集
kenkanazawa.com

[PR]
by JAVAHO3 | 2016-03-20 14:59 | デスバレーの動く石 | Trackback | Comments(0)

デスバレー

デスバレー

1994108日国立公園。全米の国立公園中、最大広さで総面積は13158平方km長野県と同じ広さ。

アメリカのカリフォルニア州中部、モハベ砂漠の北に位置する深く乾燥した盆地。そこは西半球で最も低く、そして最も暑い場所。谷の中心部の標高は、海抜-86m。真夏には50℃を越えることもあり、年間平均降水量はわずか50mm、まさに死の谷。

1913710日には観測史上最高の華氏134度(摂氏56.6度)を記録。1929年と1953年には 年間降水量ゼロ1年間全く雨が降らなかった記録もある。

1972715日には、ファーニス・クリークの地表温度は華氏201度(摂氏93.89度)を記録した。暑く不毛の地にも思えるデスバレーにも多くの野生動物や植物が生存している。山脈に住むコヨーテ、大角ヒツジ、ボブキャット、コウモリ、クーガーやラバ鹿など52種類の哺乳動物、307種の鳥類、36種類の昆虫、5種類の両生動物が生息している。

2月中旬から4月中旬ファーニス・クリークではポピー、ユリ、ヒナギクやサクラソウが花を咲かせ、4月から5月初旬は、標高の高いエリア600m900mのパナミッット・マウンテンに春に成る。カリフォルニア州とネバダ州州境にあるデスバレーは、アラスカを除くとアメリカで最大の国立公園。 長さは200Km、幅は25Kmとほぼ福島県同じ大きさ。標高も海面下の谷から3000mを超える山がそびえ立つ。


バッド・ウオ
西半球で最も低い場所で海抜-85.2m。元々塩水湖だった場所で、真っ白な大塩原には塩の結晶が美しく、塩の道は絵に成ります。

デビルス・ゴルフ・コース

塩の結晶と泥が混じり合い、固まり。岩を造り上げている。 人間にはゴルフなんかできないような荒地だが、悪魔ならプレイできるだろうと名が付いた。

スコッティ・キャスル

デスバレーの北の端に建つ、保険業界の大金持ちの別荘。 異様なほどゴージャスな館で、贅の限りを尽くした内装に驚かされる。名前の由来は、金鉱掘りのスコットが彼の投資家だった大金持ちの別荘をあたかも自分のものであるように吹聴した為、そう信じられる。

デスバレーの動く石

元々湖底が隆起し干上がった大地。 ところどころに唐突に石があり、動いた跡ついている。 場所によっては複数の石が同じ方向に動いて、気の長いレースをしている。泥に覆われた地面が濡れて滑りやすくなったところへ、強風が吹いて動いたとする説が有力だが、まったく逆方向に動いた石が並んでいることもあるし、なかには直径1m以上の大きな石もあり、ちょっとやそっとの風では動きそうにない。 実際に石が動く瞬間を目撃した人はいないが、最近謎が解明されたと・・ニュースが?

アーテスト・パレット

地球内部のパワーが噴出し、色彩豊かな鉱物が露出している。 黄色、赤、茶色、緑や紫の岩があり、アーティストが絵の具で塗った様な景色です。

ゼブラスキ・ポイント

デスバレーの背骨と言われている。黄金色の泥が1000万年前に湖底に沈殿して出来た地層で太陽の光を浴びると金色に輝く山が美しい。 ロック・グループU2のジョシュア・ツリーのアルバムのロケ地

ダンテス・ビュー

デスバレーを一望する標高1669mの展望台。眼下には-85.2mの白い塩の広がり、正面には3000mを超えるシェラネバダ山脈が西海岸との大きな壁と成っている。

デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来している。

最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。

紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。

西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。

1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミント」や「コソ」の呼び名であった。移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。

ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。

1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。

トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。





デスバレー #1
f0159994_14475054.jpg


デスバレー #2
f0159994_12214180.jpg
 

デスバレー #3
f0159994_12213756.jpg

デスバレー #4
f0159994_12214961.jpg

デスバレー #5
f0159994_12215462.jpg

デスバレー #6
f0159994_12220896.jpg

デスバレー #7
f0159994_12220194.jpg

デスバレー #8
f0159994_12221202.jpg

デスバレー #9
f0159994_14475475.jpg


デスバレー #10
f0159994_14480003.jpg


デスバレー #11
f0159994_14481483.jpg

デスバレー #12
f0159994_12292671.jpg

米国ラスベガス写真家KEN KANAZAWA
americadaishizen.com

[PR]
by JAVAHO3 | 2016-03-07 14:53 | デスバレー | Trackback

デスバレー・動く石


デスバレー・動く石 神様の落書き

大地の神秘、動く石は世界で2か所、アフリカとココデスバレーの動く石が確認されれています。デスバレーの動く石は、カリフォルニア州とネバダ州の州境のデスバレーの秘境にある僻地のレーストラック・プレアーで、死の谷を人知れず大移動するさまよう岩が人目を避ける様にあります。自然に100kg以上もある巨大な岩が枯れた湖の上を人知れず移動し、ずりずりと引きずられたかのような痕跡があたかも荒野の砂漠に大蛇が自由自在に遊んでいる様にも観えます。


写真家一生に一度、写真に収めたい被写体がレーストラックと言われています。ライド・ストーン、ムービング・ストーンと呼ばれ、直線や曲線、ヘアピンカーブを描いたり、鋭角に曲がり、神様の落書きのような模様はまさに自然の神秘です!未だかって岩が実際に動いているところを目撃した人はいません。神秘の現象はデスバレー内のパナミント山脈北部にあるレーストラック・プレアーの乾いた湖で見られます。


科学者達の多くは、この現象は複雑な気象条件が重なることによって起きると考えています。「風」と「氷」の2つの要因によるものという説が最も有力で、夜間に石の下の地面が氷結し静止摩擦係数が低くなった状態で時速145kmほどの強い突風により石が動き始め、その後も持続する強風に後押しされて地表の薄い泥の層の上を滑り続ける、というものですが、まだ完全には解明されていないそうです。レーストラック・プレアーはほぼ起伏がないうえ、石の多くはわずかに上り坂の方向へ動いているレーストラック・プレアーの北部は南端より数センチ標高が高い為、重力説は除外出来る。


1年に320m以上も移動する事もあり、動いているところは誰も目撃したことがないので、どれほどのスピードで動くのかはまだ明らかにされていません。石は大きなものでは100kg以上に成り。ほとんどはレーストラック・プレアーの南端の高さ260mの丘陵から落石した苦灰岩ですが、近接した丘からの火成岩も混ざっています。162個の石には観測者達によりそれぞれ「Stacy」「Pamela」など女性の名前が付けられています。レーストラック・プレアーの不思議な現象から宇宙人や超常現象を連想する人達もいます。レーストラック・プレアーがエリア51と近い位置にある事からも納得します。


デスバレー国立公園

1994108日国立公園に登録。全米の国立公園、最大広さ。総面積は13158平方km長野県と同じ広さです。複数の山脈を含み標高が高い所では海抜3mを超え、アメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-8.5mがあります。夏には気温が50度を超え、世界で観測史上2番目に高い気温、58度を記録しました。デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、西半球で最も海抜の低い盆地のバッドウォーター、-8.5mがある。デスバレー国立公園内は砂漠環境に適した、哺乳類:51、爬虫類:36、魚類:5、鳥類346、植物1042が生息、クレオソート・ブッシュ、ビッグホーン、コヨーテ、デスヴバレー・パプフィッシュが生息。


デスバレーの地名は、1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。


最初に人類が定住したのは紀元前7000年頃、狩猟採集民族のネバレス・スプリング族が居住していた。マンリー湖やパナミント湖の巨大な湖があり、気候は温暖で動物が数多く生息していた。紀元前3000年頃、ネバレス・スプリング族に代わってメスキート・フラット族がこの地域に定住。西暦元年頃、高温で乾燥した砂漠へと変化したこの地域に、サラトガ・スプリング族が移住。サラトガ・スプリング族は集団での狩猟技術に優れた民族で、手工芸にたけていた。デスバレーの谷底には、サラトガ・スプリング族によって作られた、奇妙な形に配された石が残されている。1000年頃、遊牧民族のティンビシャが移住。ティンビシャは、「ショショーニ族」と呼ばれ、「パナミント」や「コソ」の呼び名であった。移住してきたティンビシャは、狩猟や、メスキート、ピニヨン・パインの実を採集して定住。


ゴールドラッシュ

有名な鉱石は、食塩やホウ酸塩、滑石などが堆積した蒸発残留岩に含まれるホウ砂で回収しやすく、利益率の高い鉱石。1881年、初めてホウ砂が発見され、イーグル・ボラックス・ワークスがデスバレーでホウ砂の商業活動を開始。1883年の末にはハーモニー・ボラックス・ワークスのウィリアム・テル・コールマンがこの地域に工場を建設し、1888年まで石鹸の製造や、工業用に使用されるホウ砂の生産を行った。トウェンティ・ミュール・チームが265km離れたモハーベにある鉄道までホウ砂を輸送した。工場と鉄道とを30日かけて往復。1920年代まで、世界第1位のホウ砂の供給源。





デスバレー・動く石 #1
f0159994_01485911.jpg



デスバレー・動く石 #2
f0159994_01490234.jpg



デスバレー・動く石 #3
f0159994_01490667.jpg



デスバレー・動く石 #4
f0159994_01492600.jpg



デスバレー・動く石 #5
f0159994_01493035.jpg



デスバレー・動く石 #6
f0159994_01491776.jpg


デスバレー・動く石 #7

f0159994_01494354.jpg



デスバレー・動く石 #8
f0159994_01494764.jpg

デスバレー・動く石 #9
f0159994_01495375.jpg


デスバレー・動く石 #10            数年前ですがデスバレーの動く石の返りですが、電話も使えない夜中に車が・・・・
f0159994_01495170.jpg



[PR]
by javaho3 | 2013-01-12 02:45 | デスバレーの動く石 | Trackback